石川医院 ヘッダー画像

食道がん


発症の初期には自覚症状がない

食道がんイラスト 食道がんの早期発見のために 食道がんになる リスクが高い、60歳以上 の男性で飲酒・喫煙習慣 のある方は、定期的に内視鏡検査を。

●食道はとても”薄い”器官

口から入ったものは基本的に、 空気は気道を通って肺へ、飲食物 は食道を通って胃に入ります。
食道の長さは約25cm、太さは2~3cm、厚さは約4mmとなってい ます。
食道は粘膜に覆われていて、こ の粘膜の一番内側が扁平上皮です。
日本では、食道がんの9割が扁平 上皮がんとなっています。

●食道がんの初期には自覚症状がない

食道がんイラスト食道がんによる死亡者数は、年 間1万人を超えるとされています。
5年生存率は40%ほどで、胃が ん65%や大腸がん70%に比べて低 い数字になっています。
その背景には、食道はがんの初 期は自覚症状がないという点。
さ らに食道の壁は(胃や腸と比べ て)脆弱なため、周囲の臓器や組 織にがんが広がりやすいことがあ げられます。
ちなみに、飲食時に胸に違和感 がある、
食べものがつかえる感じ がする、
熱いものが胸に滲みると いった症状がある場合、その原因 が食道がんならば、すでに進行し ている恐れがあります。

●中高年で飲酒・喫煙習慣がある

食道がんイラスト食道がんに罹患した方の数は、 年間で2万人を超えています。 年齢的に見ると60~70歳での発 症が7割を占め、男女比では男性 5に対して女性1と男性のほうが 多くなっています。
食道がんの危険因子として知ら れているのが、飲酒と喫煙です。
飲酒をすると、アルコールは分 解されて「アセトアルデヒド」と いう物質が生じます。
これは、発 がん性が指摘される物質です。
アセトアルデヒドは、さらに分 解されて酢酸になりますが、日本人の多くは、この物質を分解しに くい体質であることが指摘されて います。
そしてタバコには、さまざまな 発がん性物質がふくまれているこ とは、多くの方がご存じのとおり です。

●早期発見のために内視鏡検査

食道がんの早期発見には、内視 鏡による検査と、バリウムによる 透視検査が有効です。
ただ、食道にはバリウムが付着 しにくいため、内視鏡検査のほう が食道がんの早期発見にはより重 要で、良い結果をあげています。 とくに、60歳を過ぎている男性 で飲酒・喫煙習慣のある方は、バ リウム検査だけでなく、定期的に 内視鏡検査を受けるようにしまし よう。

●初期であれば食道を温存できる

食道がんの治療には、内視鏡的切除、手術、放射線治療、薬物療 法(化学療法)があります。 これらの治療は、がん細胞が食道の粘膜に対してどれだけの深さ と広がりがあるか、リンパ節への 転移の有無、遠隔した臓器への転移などをもとにしたステージ(病 期)によって、患者ご自身の希望 や身体の状態を考慮して、単独あ るいは複合して行なわれます。 0期(がんが粘膜内に留まって いて、リンパ節転移がない)の食 道がんでは、食道を温存する内視 鏡的切除術が推奨されています。 5年生存率は、およそ90%と報告 されていることからも、早期発見 がとても重要になります。


生活ほっとニュース~ヒートショック~

ヒートショック イラスト浴槽から白い湯気が、 もうもうと立ち昇っている このよ うな光景は、浴槽と浴室の温度 差が大きいことを示しています。 そして、こうした状態のとき、「ヒートショック」は起こりや すくなります。 ヒートショックは、身体に加 えられる寒暖差によって血圧が 急激に変動し、急性の心筋梗塞 や脳梗塞を発症することをいい ます。 これらは突然死につながり、 ヒートショックによる死亡者数 は年間1万9000人との推計 があります。さらに、その9割 は65歳以上の方です。 ヒートショックを避けるため には、脱衣所や浴室、浴槽の温 度差をできるだけ小さくして身 体への負担を軽減する必要があ ります。 脱衣所には、暖房器具を設置 しましよう。ただ、石油・ガ ス・電気を問わずストーブ類は、 衣服への引火の危険があるので 避けてください。 浴室も暖房できれば理想です が、バスタブの蓋を開けて浴室 を温めるという方法もあります。 湯温の低下が気になりますが、 追い焚きやお湯の追加でカバー しましょう。 湯船に浸かる前には、身体に かけ湯をします。このとき、冷 えた身体にいきなり湯をかける のではなく、手足の先からにし てください。 そのほかにも、ご家族と同居 している方であれば、ひと声か けてから入浴するといった方法 もヒートショック対策として有 効です。

資料提供:メディカルライフ教育出版