石川医院 ヘッダー画像

静脈血栓塞栓症


飛行機に乗らなくても起こるエコノミークラス症候群

 静脈血栓塞栓症という病名には馴染みがなくても、「エコノミークラス症候群」と聞けば、ご存じの方も多いかと思います。飛行機で移動をしている途中での突然死---なぜ、こうしたことが起こったのでしょうか?

静脈血栓塞栓症は命に危険が及ぶ

血管内に血液の固まりができることを、血栓といいます。静脈血栓塞栓症は、下肢の静脈に血栓ができることで発症します(深部静脈血栓症静脈にできた血栓は、下大静脈のなかを流れていき、肺の動脈を塞いでしまうことがあります(肺塞栓症)。こうなると、呼吸困難や心肺停止といったことが起こり命に危険が及びます。ではなぜ、足の静脈に血栓ができるのでしょうか? 静脈のなかの血液を心臓に戻すには、筋肉の働きを必要とします。このため、長時間同じ姿勢を取り続けると筋肉の働きが低下して血液の流れが悪くなり、血栓ができやすくなります。

静脈血栓塞栓症のリスクが高い方(一般)

静脈血栓塞栓症になるリスクが高い方は、「血栓ができやすい方」と言い換えることができます。 がんや妊娠中の方は、血液が固まりやすくなっています。また、手術や出産後には、血栓ができやすくなる傾向があります。こうした方は、飛行機だけでなく、車や電車を利用して、同じ姿勢が続く長距離移動は避けたほうがよいでしょう。どうしてもそうせざるを得ないときは、ときどき、かかとの上げ下ろしや、ふくらはぎを軽くもんだりしてください。また、こまめに水分補給をして、アルコールは控えるようにしましよう。

●静脈血栓塞栓症のサイン

静脈血栓塞栓症のサインと予防 イラスト 静脈血栓塞栓症は、交通機関を利用した長距離移動のときだけでなく、日常生活のなかでも起こります。長時間同じ姿勢を取り続けることに注意するだけでなく、静脈血栓塞栓症のサインを見逃さないようにしましょう。まずは、ふくらはぎのむくみや腫れに着目してください。ふくらはぎを指で押すとへこんだままになっていたり、左右のふくらはぎの外周差が3センチ以上ある場合。

 また、ふくらはぎの痛みは、静脈血栓塞栓症のサインとなります。足の皮膚の状態にも目を向けましよう。皮膚が赤い、あるいは紫がかっている。皮膚の表面に静脈が浮きあかっているこれらも重要なサインになります。こうした方は、かかりつけ医か循環器内科の医師に相談してください。

静脈血栓塞栓症の治療

静脈血栓塞栓症では、血液が固まりにくくするための「抗凝固薬」や、できた血栓そのものを溶かす「血栓溶解薬」を用いた薬物治療が行なわれます。薬物療法以外では、血管に血栓を取るフィルターを挿入したり、カテーテル(細い管)を通して、血栓を直接取り除く治療法もあります。静脈血栓塞栓症のなかの「肺塞栓症」では、血栓の大きさや量によっては、血栓を取り除く手術療法が使われることもあります。


生活ほっとニュース~ブースター接種

ブースター接種 イラスト新型コロナワクチンの3回目の接種(ブースター接種)が、日本でも昨年末から始められました。ブースター接種の必要性に関しては、2回目の接種をしたあとに、90パーセント以上とされた感染予防効果が、時間の経過とともに低下しているという研究結果に基づいています。また、高齢世代においては、ワクチンを接種してから半年以降に重症例が増えているという報告もあります。接種の対象になる方は、18歳以上で、2回目の接種を完了した日から原則8か月以上経過した方となっています。ただ、新たな変異株(オミクロン株)の感染が急拡大していることを受け、ワクチンの接種間隔を6~7か月に短縮する方針を政府は打ち出しています。ブースター接種で使用されるワクチンは、1・2回目の接種時の種類に関わらず、ファイザーかモデルナのものが使用されます。追加接種において、初回接種と異なるワクチンを使用することを「交互接種」と言いますが、効果においては同じワクチンを使用したとき(同種接種)との差はないと報告されています。とくに、「重症化リスクが高い」とされる、65歳以上の方や基礎疾患をお持ちの方には、3回目の追加接種が推奨されています(外国の一部の国では、4回目のブースター接種が行なわれています)。

資料提供:メディカルライフ教育出版