石川医院 ヘッダー画像

仮面高血圧

血圧が高めではあるが、高血圧の診断基準よりは低い数値に収まっている---こうした方の健康を脅かすもの、それが仮面高血圧です。


仮面高血圧とは

血圧は、心臓の収縮・拡張にともなう血管にかかる圧力を測定します。医療機関で血圧を測定した場合、心臓の収縮期(上の血圧)が140mmHg以上、心臓の拡張期(下の血圧)が90mmHg以上で高血圧と診断されます。 ただ、血圧は常に一定ではありません。血圧は、自律神経の働きと密接に関係しているため一日を通して変動し、また、精神的な状態によっても変動します。一般的には、起床して身体活動が始まると血圧は上昇し、寝ている間は低下します。日中に血圧を計ったときは正常範囲に収まっているのに、特定の時間帯になると高血圧になる昼間の血圧測定では見つけにくいこうした高血圧は「仮面高血圧」と呼ばれています。仮面高血圧には、早朝に血圧が高くなる「早朝高血圧」や夜間(就寝中)に血圧の高い状態が続く「夜間高血圧」があります。

早朝高血圧----脳卒中や心筋梗塞の原因に夜間高血圧----昼間であれば正常値?
早朝高血圧には、朝の血圧が急激に上昇する方や、寝ている間に血圧が下がらず高いままの方が該当します。注目していただきたいのは、早朝高血圧の診断基準です。収縮期血圧(上の血圧)が135mmHg以上、拡張期血圧(下の血圧)が85mmHg以上と、昼間の 血圧測定の診断基準より数値が低 い点です。診察室での血圧測定が 高血圧の基準以下でも、手放しで 安心することはできません。 早朝は、脳卒中や心筋梗塞など が起こりやすい時間帯でもありま す。早朝高血圧には、十分な注意 が必要です。

胃の粘膜 画像
夜間高血圧----昼間であれば正常値?

夜間高血圧では、収縮期血圧(上の血圧)120mmHg以上、拡張期 血圧(下の血圧)70mmHg以上と、さらに診断基準が低い数値になっています。これは、昼間の血圧であれば、正常値とされる数値を含んでいます。夜間高血圧には大きくわけて、昼間より夜間に血圧が高くなるタイプと、就寝中、血圧があまり下がらないタイプがあります。どちらの場合も、長時間(長期間)にわたって血管や臓器に負担がかるため、重篤な病気を引き起こす原因になります。

仮面高血圧----早めの対処が大切

 仮面高血圧かどうかを知るには、医療機関で、医師に機器の使 用が必要と判断された方に貸し出される「24時間自由行動下血圧測定(ABPM)」か、夜間の血圧を自動的に測定できる家庭血圧計を利用します。仮面高血圧と診断されたら軽視せず、医師の指導に従って、高血圧対策を行なってください。状態によっては、降圧剤を使用した薬物療法が行なわれます。また、塩分の摂り過ぎに注意する。アルコールを適量に控え、喫煙習慣のある方は禁煙する。運動習慣を取り入れるといった生活習慣の改善が重要になります。仮面高血圧には、睡眠時無呼吸症候群が関係していることがあります。このケースでは、睡眠障害の改善が必要です。

生活ほっとニュース~スリープテック

ある医療機器メーカーが行なったアンケート調査によると、日本人の約95%は、睡眠に何らかの不満を抱えていることがわかりました。また、睡眠に対する不満の高まりは、日本だけではなく世界的な傾向でもあります。満足のいく睡眠がとれないことで起こるトラブルは、集中力の低下や事故を起こすリスクの 増加。心臓病や認知症やうつ病の発症といった、さまざまな問題を引き起こします。こうしたなかで注目を集めているのが、「スリープテック」です。 スリープテックは、IT(情報技術)やAI(人工知能)などの技術を使って、睡眠をモニターして分析し、改善する製品やサービスのことを言います。睡眠時に機器を装着したり、センサーが装備された寝具を使用することで、脳波や身体の状態をモニターします。この情報は、スマートフォンに送られて分析され、睡眠の改善に利用されます。例をあげると、センサーが搭載されたベッドから送られたデータによって、睡眠時のエアコンの温度調整を行なう、(イテ クベッド。体温や心拍・呼吸数を検知して、身体の状態に応じてマットの温度が調節される、スマートマットレス。レム睡眠・ノンレム睡眠時の脳波の状態に合わせて適度な刺激を与えることで睡眠を改善していく、ヘッドレスト。これらは、すでに実用化されています。

資料提供:メディカルライフ教育出版