石川医院 ヘッダー画像

インフルエンザ


今シーズンもしっかりとした感染対策を!

 インフルエンザは例年、冬から春先に流行します。日本国内での感染者は、推定で1000万人のされ、死亡者数も(インフルエンザが関係していると考えられる人を含めて)約1万人とされています。インフルエンザの流行期を迎えるにあたって、どのような感染対策が必要でしょうか?

●インフルエンザの流行昨シーズン

2020~21年は、インフルエンザの流行に関して特筆すべきシーズンとなりました。理由はまだ、はっきりとはしていませが、インフルエンザの流行がほとんど見られなかったのです。 昨年以来、新型コロナウイルスの感染拡大によって、「飛沫感染」や「接触感染」という言葉が一般的になりました。インフルエンザウイルスの構造は新型コロナウイルスと似ていて、ウイルスの感染は飛沫と接触によって起こります。 こうしたことから専門家の意見としてもっとも有力視されているのが、新型コロナに対する感染対策(マスクの着用・手洗いの励行・三密を避ける)が、結果的にインフルエンザの感染対策にも繋がったのではないかというものです。 さらに昨年は、インフルエンザと新型コロナの二重感染を避ける 接種率があがったことも、よい結果を及ぼしたと考えられています。

●今シーズンのインフルエンザの流行は?

今シーズンのインフルエンザの流行はどうなるでしようか? 現状では確定的なことはわかりませんが、いくつか気がかりなことがあります。 その一つは、新型コロナの感染者減少にともない、行動制限が緩和されたことです。このことはとても喜ばしいことですが、その一方で、昨年よりも感染対策が疎かになってしまう恐れがあります。 もう一つは、昨年は見られなかった「RSウイルス感染症」の流行が今年はあったことです。 この感染症は子どもに多い病気です。昨年はコロナによって子ども同士の接触機会が減り、RSウイルスに対する免役を持つ子どもが減少してしまったのではないか? それが逆に、今年の流行を引き起こしたのではないか? と専門家は指摘しています。 「免疫を持つ人の減少による感染症の流行」こうしたことは、インフルエンザでも起こる恐れがあります。

●今シーズンもインフルエンザ対策を

インフルエンザを予防しよう  インフルエンザに対する備えとしては、まずはワクチン接種があげられます。 インフルエンザワクチンの免疫効果は約半年。とくにインフルエ ンザの重症化リスクが高い65歳以上の方や持病のある方、妊婦の方や乳幼児は、ワクチン接種を検討してください。 インフルエンザに罹ってしまった場合発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛、のどの痛み、せき、鼻水といったインフルエンザの症状は、新型コロナの症状と似ています。’インフルエンザの場合は、特効薬が存在します。ただ、治療薬の効果が高いのは、発症から48時間以内です。 症状がある場合は、早急にかかりつけ医に電話して相談してください。

生活ほっとニュース~新型コロナ治療薬

2021年10月現在、日本国内で使用されている主な新型コロナ治療薬には、次のようなものがあります。 「レムデシビル」エボラ出血熱の治療薬として開発されていた「抗ウイルス薬」。重症や中等症の患者に投与する。世界約50力国で承認または使用許可を取得。 「デキサメタゾン」重症感染症や間質性肺炎などの治療薬として承認されている「ステロイド薬」。人工呼吸器や酸素投与を必要とする患者の死亡率を低下させた。 [バリシチニブ]サイトカインストームと呼ばれる「過剰な免疫反応を抑える薬」。日本では、中等症から重症の患者を対象に特例的に承認される。レムデシビルと併用して使用される。 「カシリビマブ&イムデビマブ」二種類の中和抗体を合わせて投与する「抗体カクテル療法で使 用される薬」。中和抗体とは、病原体から細胞を防御するための抗体。重症化リスクのある軽症・中等症の患者に使用される。 さらに現在、軽症患者用に服用が容易な治療薬の開発も急ピッチで進められ、今年度中には供給を開始したいとしているメーカーもあります。 発症する前のワクチン接種と、発症しても軽症のうちに症状を改善できる治療薬。これらが揃うことで、新型コロナヘの対応は大きく変わっていく可能性があります。

資料提供:メディカルライフ教育出版