石川医院 ヘッダー画像

子宮頸がん


子宮頚がんは以前、40~50歳代の女性が多く発症するがんでした。 しかし最近では10~30歳代の若い女性で子宮頚がんになる人が増えています。 子宮顕がんは、検診によって病気のリスクを抑えられます。 20代になったら、ぜひ子宮頚がん検診を受けるようにしましょう。

早期発見が大事

子宮頚がんは、子宮の入り口付近に発生するがんです。年間約1万人の方が発症し、約3000人の方が亡くなっています。子宮頚がんは、早期発見すれば比較的治療しやすく、予後のよいがんである一方、がんが進行すると治療がとても難しくなるという特徴があります。こうしたことから、子宮頚がん検診を受けることが非常に重要になります。胃の粘膜 画像

子宮頸がんの原因は

子宮頚がんの原因のほとんどは、ヒトパピローマウイルス(HP V)で、おもに性交渉によって感染します。HPVはとくに珍しいウィルス というわけではなく、性交渉の体験のある女性の約8割の方は一生に一度はHPVに感染するといわれています。HPVは、実際に感染しても多くの場合、身体の免疫力(抗体)によって体外に排出されます。しかし、このとき免疫力が弱い と感染状態が長期間持続して、子宮頚部の細胞に前がん病変(がん化する可能性ある遺伝子変化)が起こることがあります。この状態を放置すると、子宮頚がんの発症へとつながっていきます。

子宮頸がんの病状

子宮頚がんは、早期にはほとんど自覚症状がありません。がんが進行するとおりものの異常や月経以外の出血(不正出血)、性行為のときの出血、下腹部の痛みといった症状が現われてきます。これらの症状は子宮頚がん特有の症状ではありませんが、こうした症状がある場合は、早めに婦人科にかかって診察を受けるようにしてください。

子宮頸がん検診とHPV検査

 子宮頚がんの検診は、異常を発見できる確率が他のがん検診に比 べても高い、とても意味のある検診です。残念なことに、日本における検 診の受診率は、40%台。70~80%台の検診率である欧米諸国と比べると低くなっています。最近ではとくに、新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかで検診控えが起き、子宮頚がんの発見に遅れが生じるのではないかと非常に危惧されています。 子宮頚がんの検診は、子宮頚部の細胞を綿棒などで採取するだけで、ほとんど痛みもなく、短時間で終わります。20歳以上の女性の方は、子宮頚がん検診を積極的に受けるようにしましょう。そして、子宮頚がん検診と同時に、HPV検査を受けるようにしましょう。子宮頚がん検診が子宮頚部の細胞自体に異常があるかどうかを調べるのに対して、HPV検査は子宮頚部に発がん性のHPVが感染しているかどうかを検査します。このふたつは同時に受診することができ、併用した検診では、ほぼ100%、子宮頚がんの前がん病変を検出することができます。 また、子宮頚がんワクチンに関しては医師と相談してください。

生活ほっとニュース~BMI指数の活用

胃の粘膜 画像厚生労働省による「日本人の食事摂取基準2020年版」では、前回に続き、エネルギー摂取の指標をカロリーから、身長・体重で算出するBMI指数に変更されています。BMI指数は、肥満や痩せすぎを判断するときの目安になりますが、もっとも死亡率の低い(このため、もっとも健康的であると考えられる)目安となる数値としても活用されています。まずは、ご自身のBMI指数を計算してみましよう。
BMI指数=体重(㎏)÷(身長(m)×身長(m))
次に各年代における、最も死亡率の低いBMI指数と比べてみてください。18~49歳では18.5~24.9、50~64歳では20.0~24.9、65歳以上では21.5~24.9。
BMI指数が25以上だと肥満とされ減量が、反対にそれぞれの年代の最低数値未満だと痩せすぎとなり、どちらも生活習慣の改善が必要となります。肥満はすべての人の健康を脅かしますが、痩せすぎの場合も同様です。とくに女性の痩せすぎは、妊娠・出産や骨粗しょう症といった、将来にわたって悪影響を及ぼす可能性があります。また、65歳以上の方で痩せすぎだと、フレイル(虚弱状態)になっていることが考えられます。 BMI指数を使って、体重、栄養管理には十分注意していきましょう。

資料提供:メディカルライフ教育出版