石川医院 ヘッダー画像

糖尿病


血糖値を定期的に測っていない方や、血糖値が高め と知っていながら放置している方----糖尿病は徐々 に身体に悪影響を及ぼし、やがては深刻な事態を引 き起こす病気です。 その一方で、多くの場合、生活習慣の改善により予 防が可能な病気でもあります。 糖尿病の疑いのある方も含めて1000万人を超え、さ らに増加している現代において、今こそより、糖尿 病に目を向けるようにしましょう。

血液中の糖が身体を傷つける

糖尿病は、血液のなかに過剰な糖が存在すること(高血糖)によって起こる病気です。糖尿病 糖尿病が非常に危険な病気である理由のひとつは、血液中に含まれる糖が、毛細血管を障害するた めです。毛細血管が傷つけられると、血液の流れが阻害され、手足 の壊死や失明といった重大な事態 につながります。 糖尿病によって起こる病気(合 併症)のうち、手足に痺れや痛み が起こる「糖尿病神経障害」、目 に障害が起こる「糖尿病網膜症」、 排尿障害の起こる「糖尿病腎症」 は、糖尿病の三大合併症と呼ばれ ています。 また、糖尿病によって動脈が傷 つけられることもあります。それ は、心筋梗塞や脳梗塞といった重 篤な病気の原因ともなります。 糖尿病は決して放置することの できない病気です。

糖尿病が起こるメカニズム

身体には、血液中の糖を一定に する仕組みがあります。これは、 膵臓から分泌される「インスリン」 というホルモンの働きによります。 インスリンによって血液中の糖は、 身体のあらゆる細胞に取り込まれ、 細胞の再生や活動のエネルギーと して使用されます。 しかし、インスリンの分泌が減 少、インスリンの働きの低下、あ るいはこのふたつが同時に起こる ことによって血液中に糖が増 加し、糖尿病が起こります。

インスリンに悪影響を及ぼすもの

 遺伝的にインスリンの分泌が少 ない方がいます。近親者に糖尿病 の人がいる方は、十分注意してく ださい。 ただ、インスリンの分泌や働き にもっとも悪い影響を与えるのは、 「生活習慣」とされています。 糖分の摂り過ぎとなっている食 生活や、過度の飲酒による、膜臓 の疲弊(脈臓の疲弊は、インスリ ンを何度も大量に分泌しなくては ならないことで起こります)。 そして、内臓脂肪を蓄えた肥満 脂肪細胞は、インスリンの働 きを弱める物質を分泌します。 ・ ちなみに、見た目が痩せている人でも、内蔵脂肪を多く蓄えてい る方もいます。この状態は「隠れ 肥満」と呼ばれ、糖尿病になるリ スクが高くなっています。

 糖尿病の予防と対策

血糖値は、ある日、突然高くな るのではなく、年月をかけて徐々 に高くなる傾向があります。 このため、定期的かつ継続的に 血液検査や尿検査を行なって、血 糖値が危険な状態まで高くなる前 に対処していく必要があります。 検査によって血糖値が高め(糖 尿病予備軍)であったら、すぐに、 かかりつけ医に相談してください。 そして、早急に生活習慣の改善に 取り組みましょう。 生活習慣の見直しでも血糖値が 下がらない場合は、医学的な食事 療法や運動療法を取り入れる必要 があります。 それでも十分に血糖値がコント ロールできない場合は、飲み薬や 注射薬でインスリンの分泌を促が すことや、インスリンを体内に補 充することで血糖値をコントロー ルしていきます。

資料提供:メディカルライフ教育出版