石川医院 ヘッダー画像

シニア層だけでなく、若い世代にも増えている ドライマウス


お口のなかがネバつく、あるいは乾燥するこうしたことが日常的な状態となっている方は「ドライマウス」を疑ってみる必要があります。ドライマウスは口臭の原因となるだけでなく、むし歯や歯周病、さらには、重篤な病気さえ招きかねない症状です。放置するのではなく、正しく対処していく必要があります。

お口のなかの唾液が減る

 ドライマウスは、唾液の分泌量が減ることで、お口のなかが慢性的に乾燥した状態になることをいいます。なぜ、唾液の分泌量が減ってしまうのか・・・加齢による原因のほか、ストレスや薬剤の使用で起こる自律神経のトラブル、糖尿病、腎不全、シェーグレン症候群といつた病気・・・これら様々な要因が関係しています。ドライマウスは、特に更年期以降の女性に多く見られます。このため、女性ホルモンの分泌の減少がドライマウスに大きく影響していることが考えられます。 乳がん チェック 画像

むし歯・歯周病・口臭の原因に

唾液には、お口のなかの動きを滑らかにして、発音や発声、あるいは食べ物の咀嚼をしやすくする働きがあります。このためドライマウスになると、会話に不自由さを感じたり、食べ物をうまく食べられない、飲み込めないといったことが起こります。そして、唾液のもう一つの重要な働きは、お口のなかを殺菌することです。唾液の量が不足すると、口腔内が殺菌されず、むし歯菌や歯周病菌といった細菌の繁殖を許してしまうことになります。 正しいブラッシングを欠かさずに、定期的に歯科医院に通っているのに、むし歯が頻繁に発生してしまう。あるいは、歯肉炎が起こし乾る・・・こうした方は、いつも口がいた状態になっていないか注意でください。口腔内の殺菌が不十分だと、口臭の悪化にもつながります。年齢を重ねるごとに、口臭が気になってきたという方は、その原因はドライマウスにあるのかもしれません。

重篤な病気の原因に?

 ドライマウスがもたらす悪影響は、お口のなかだけに留まりません。お口から体内に入ってくる細菌やウイルスに対する防御の働きを唾液は担っています。このことから、唾液が不足していると様々な感染症に罹りやすくなります。また、細菌の付着した食べ物や飲み物が誤って肺に入ってしまい、肺に炎症を起こす病気・・・誤嚥性肺炎。症状によっては死亡原因となるこの病気も、ドライマウスと密接な関わりがあります。口に入れた飲食物の除菌が不充分なのは、唾液不足からなることがあるためです。

唾液の分泌を促す

 唾液は、耳の下側や顎、舌にある「唾液腺」から分泌されます。唾液は、自律神経の働きによって分泌されるため、自分の意思で分泌させることはできません。ただ、唾液腺のある部位をマッサージすることで唾液の分泌を促すことは可能です。 食事のときによく噛んで食べることは、唾液の分泌を促すのにとても有効な習慣です。噛めば噛むほど唾液が分泌されるというだけでなく、お口のまわりの筋肉が自然と鍛えられ、普段から唾液が出やすくなります。

唾液の力を補う

 ドライマウスの原因が、ストレスや病気にある場合は、これらのものを治す、あるいは取り除かないとドライマウスが改善しないケースがあります。ただ、それには短期では解決しない、大きな困難も予想されます。こうした場合は、口腔用の保湿剤をスプレーしたりジェルを塗ることで口腔粘膜を保護する対策や、唾液の殺菌力を補うために除菌効果の高いうがい薬を使用することが効果的です。ドライマウスの治療については、歯科医師に相談してください。

資料提供:メディカルライフ教育出版