医療法人社団慈邦会 院長 石川清一

内科・外科・小児科・消化器内科

〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2

石川医院  〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2 電話0465-72-1230 FAX0465-72-2607

再読込ボタンか、ブラウザの更新ボタンをクリックして最新の情報をご覧ください。

お問合せはこちら

0465(72)1230

0465(72)2607

こちらをクリック

問合せフォーム

2018年8月号


熱中症の半数は、室内で起こる!

~喉の渇きと暑さ---体感に頼らずに対策を~

熱中症による救急搬送---炎天下の屋外において集団的に発生する事例がよく報道されますが、実際には、熱中症の約半数は「室内」で起きています。しかも、熱中症の重症化や死亡例も報告されています。なぜ、快適な空間である室内でこうしノたことが起こるのでしょうか?そこには、身体のメカニズムと環境に大きく「発汗機能」が関係しています。、このことは、熱中症予防の観点からも重要なポイントとなっています

なぜ、室内で熱中症になるのか?

 肉体労働や運動で身体を動かしているときは、発熱をしっかりと感じることができます。では、室内でデスクワークや安静にしているときはどうでしょうか? 人間の身体は、じっとしていても脳や内臓が活動し、骨や皮膚といった身体のあらゆる組織が生まれ変わっています。このため、身体をあまり動かしていない状態でも(感じにくくはありますが)身体は常に発熱しています。この熱を身体から逃がして体温を一定に保つための機能が、発汗です。そして発汗機能がきちんと働かずに、身体の熱を下げることができなくなると熱中症は起こります

水分補給が足りない・・・・・

 発汗がなされるには、汗の元となる水分が必要になります。しかし室内で熱中症になる人の多くは、水分の補給が十分でないケースが見られます。ではなぜ、水分の補給が不足してしまうのでしょうか? そのポイントは、水分の摂取と喉の渇きの関係です。 水分は喉が渇いたときに摂ると思いがちですが、喉が渇いたと感じるときにはすでに身体の水分は不足しています。さらに、高齢世代によくみられる特徴として、加齢とともに喉の渇きを感じにくくなるといった点があげられます。

環境との関係は?

  熱中症と室内環境で、もっとも大きな問題は「室温」と「湿度」の関係です。 室内で起こった熱中症の死亡例を調べてみると、90%近い割合でエアコンが使用されていませんでした。ただ、室内の温度だけが問題かというと、そうとも言い切れません。室温が23℃でという快適なはずの環境でも熱中症は起きているからです。 この点について詳しく調べてみると、そこには湿度の問題がありました。湿度が70%を超える室内環境だと、熱中症の発症が増加することがわかったのです。 熱中症と湿度の関係にも、発汗機能の問題が存在します。汗は、皮膚から蒸発することで、次の発汗をスムーズにします。しかし湿度が高いと汗が蒸発せずに皮膚に残り(発汗機能にマイナスの影響を及ぼします。室内での熱中症を防ぐために、まずは、定期的な水分補給を心がけましょう。一時間にコップー杯(約200ml)の水の補給が理想的です。ちなみにコーヒーやお茶、アルコールといった利尿作用のある飲料は水分補給には適しません。この点にも注意して、利尿作用のある飲料を摂るときは、水も一緒に飲むようにしましょう。室内には、見やすい場所に温度計と湿度計を備えておくことが肝心です。体感に頼らずに、室温が 28℃で、湿度が60%を超えるときは、積極的にエアコンを使用してください。また、室内で起こる熱中症は、寝室や浴室といった場所でも多く発生しています。就寝中の室温管理、入浴中及び入浴前後の水分補給を忘れずに。

予防歯斟の実際

セルフケアで一番大切なことは正しい歯磨きの方法を身につけることです。しかし、ほとんどの人が自己流の歯磨き方法になっているようです。まずは、歯科医院で正しい歯磨 きの仕方を教えてもらうようにしましょう。そして、正しい歯磨きの方法を継続して行なっていきましょう。継続して正しい歯磨きを行なうためには、「歯垢染色剤」を使って、歯磨きの結果を目で見てわかるようにするのも一つの方法です。 歯磨きのときに、歯間ブラシやデンタルフロス、口腔洗浄剤は使用していますか? スウェーデンの例でいうと、およそ70%の人がこれらの物を使用しています。ちなみに、日本では50%以下です。こうしたことも、歯の健康の差に関係していると考えられます。正しい歯磨きを実践しても落 とせる歯垢は60%程度とされています。さらに、歯石や歯の着色といったものは、歯磨きでは落とせません。そこで、3~6か月に一度、歯科医院でこれらを除去する必要があります。むし歯の早期発見やフッ素の塗布、被せ物・詰め物・入れ歯・インプラントのメンテナンスのためにも、ぜひ、予防歯科を実践していきましょう。

生活 ほっと ニュース

過呼吸と熱中症 過呼吸(過換気症候群)は、過度のストレスや疲労、睡眠不足などが原因となって呼吸回数が増え、血液中の二酸化炭素が不足した状態のときに起こります。 このとき脳は、呼吸を制限するように強制的に身体に働きかけます。すると人間は自分の意志では呼吸をコントロールできなくなり、死を意識するほどの恐怖を感じます。とはいえ過呼吸は、ほとんどの場合10~30分と比較的短時間で症状が治まります。このため、過呼吸そのものが命の危険につながるとは考えられていません。 ただ夏場のこの時期、覚えておいて欲しいことがあります。それは、過呼吸とよく似た症状が、熱中症にあることです(呼吸困難や手足の痺れ、痙攣、意識の低下など)。また、熱中症から過呼吸が起こるケースもあります。もっとも大事な点は、過呼吸なら安静にしていれば症状が治まりますが、熱中症が原因で過呼吸になっているときの身体は非常に危険な状態であり、すぐに医療機関を受診する必要があることです。これを見誤るとたいへん重大な結果を招く恐れがあります。熱中症と過呼吸の違いとしては、身体の高熱や大量の発汗、嘔吐といったことがあげられます。しかし、熱中症や過呼吸は突然起こるため、判断が難しいこともあるでしょう。見極めがつかないときは、迷わず救急車を呼ぶようにしてください。

資料提供:メディカルライフ教育出版

Contents

診療時間

【日曜日】
午前8:30~12:00
【 火・水・金・土曜日】
午前8:30~12:00
午後3:00~5:45
【木曜日】
午前9:00~12:00
午後3:00~5:45
【休診日】
月曜日・祭日・日曜日の午後
※診療カレンダー参照。

駐車場のご案内

石川医院 駐車場

当院について

昭和59年の開設以来、30年にわたり「地域のかかりつけ医」として診療を続けております。当院では専門に限らず、あらゆる疾病の可能性を考えた「全身を診る」診療を、小児から高齢者まで行っております。 開院以来続けている土曜日の終日診療と日曜診療、また在宅診療や施設への定期往診も積極的に行っております。

石川医院

〒250-0117 
神奈川県南足柄市塚原710-2