医療法人社団慈邦会 院長 石川清一

内科・外科・小児科・消化器内科

〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2

石川医院  〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2 電話0465-72-1230 FAX0465-72-2607

再読込ボタンか、ブラウザの更新ボタンをクリックして最新の情報をご覧ください。

お問合せはこちら

0465(72)1230

0465(72)2607

こちらをクリック

問合せフォーム

2016年11月号


仮面高血圧

気づかないうちに血管を蝕む「高血圧」 見逃されやすい 「仮面高血圧」 高血圧でもっとも恐ろしいことは、身体の隅々まで張り巡らされた血管に障害を与える病気である点です。血管に障害が起こる事で、血液の循環によって機能する様々な臓器や身体組織に不調や病気をもたらします。血圧が高い方は一日も早く対処する必要があります。でも、血圧は正常範囲だから大丈夫・・・・。 そう思っておられる方もいらっしゃるでしょう。そうした方は「仮面高血圧」についてもチェックするようにしましょう。

高血圧を放置しない

生活習慣病といえば、高血圧と糖尿病、高脂血症がとくに知られています。これらの病気を患者数(2014年査)で見ると糖尿病が316万人、高脂血症が206万人に対して、高血圧は、1010万人と大きく上回っています。日本人の死因の2~3位は、脳と心臓の病気によるものですが、これらの病気はほぼ血管に障害が起こることで発症します。高血圧は、こうした病気を引き起こす大きな原因でもあります。患者数も多く、重篤な病気を引き起こす可能性のある高血圧。しかし、残念なことに高血圧の進行を放置してしまっているケースが非常に多く見られます。 とくに、40代の人の場合、三人に一人は高血圧(あるいはその疑いがある)とされているのに対して、9割近い人がこうした状態を放置しているといった調査結果もありました。血圧は、健康診断で数値がわかるだけでなく、比較的安価な家庭用の血圧計で計ることができます。まず、ご自身の自宅血圧を把握して、血圧が高い場合はかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

数値でみる高血圧

血圧は、心臓の収縮・拡張にともなう血管にかかる圧力を測定します。医療機関で血圧を測定した場合、心臓の収縮期(上の血圧)が140mm以上、心臓の拡張期(下の血圧)が90mm以上のいずれかで高血圧と診断されます。ただ、血圧は常に一定ではありません。血圧は、自律神経の働きと密接に関係しているため一日を通して変勤し、また、精神的な状態によっても変動します。一般的には、起床して身体活動が始まると血圧は上昇し、寝ている間は低下します。そして、精神的に緊張しているときは血圧は上昇し、リラックスしているときには低下します。

仮面高血圧に注意しよう

日中に血圧を計ったときは正常範囲に収まっているのに、特定の時間帯に高血圧状態になる・・・・これを、仮面局血圧と言います。 仮面高血圧のうち、早朝に血圧が急激に高くなるケースは「早朝高血圧」、夜間(就寝中)に血圧が高くなるケースは「夜間高血圧」と呼ばれます。これら仮面高血圧は、日中の血圧が正常範囲なため、病気であることが見逃されやすく、突然死や重篤な合併症を引き起こす危険性が非常に高くなります。ちなみに、早朝高血圧で上の血圧が155mm以上の場合、血圧が正常範囲の人と比べて、心筋梗塞や脳卒中のリスクが6倍にも跳ね上がるとされています。 夜間高血圧では、長時間に渡って血圧が高い状態がつづくため、脳や心臓、腎臓といった臓器への重篤な障害、さらには認知症に対する大きな影響かあることも無視できません。高血圧の原因としては、塩分の摂り過ぎやストレス、肥満、過度の飲酒、喫煙習慣、運動不足といったことがよく知られています。こうした原因に加えて仮面高血圧では、睡眠の量と睡眠時無呼吸症候群をはじめとする睡眠の質が大きく関係しています。睡眠に不安を抱えている方は、仮面高血圧についても注意するようにしてください。

Contents

診療時間

【日曜日】
午前8:30~12:00
【 火・水・金・土曜日】
午前8:30~12:00
午後3:00~5:45
【木曜日】
午前9:00~12:00
午後3:00~5:45
【休診日】
月曜日・祭日・日曜日の午後
※診療カレンダー参照。

駐車場のご案内

石川医院 駐車場

更新履歴

2017/11/16
前院長便り9月・10月号、他更新しました。

石川医院

〒250-0117 
神奈川県南足柄市塚原710-2