石川医院 ヘッダー画像

白血病


血液のがんと言われる白血病。病名の認知度は高くても、原因・症状・治療法など、詳しくは知らない方も多いのでは。白血病とは一体どんな病気なのでしょうか。

白血病細胞

1.白血病とは

通常のがんは、自身の体内で日々起きている細胞分裂のなかで生まれるエラー細胞が増殖し、腫瘍ができるものです。 白血病の場合も、骨髄など血液が造られる組織内で、造血幹細胞から白血球に成熟する過程で、白血球ではなくエラー細胞=白血病細胞がいちじるしく増殖します。こうした細胞が骨髄で無制限に造られつづけるため、その分、赤血球や血小板などの血液細胞が充分に造れなくなり、貧血などの諸症状が生じてくるのです。 身体にできるがんのように、自身の細胞から出来た白血病細胞によって、身体に悪影響がもたらされるため、「血液のがん」と呼ばれています。 また、白血病には、急性白血病と慢性白血病があります。

2.急性白血病

急性白血病は、慢性白血病より発症する率が多いものです。発生する場所によって急性骨髄性白血病と急性リンパ性白血病などにわかれます。骨髄で白血病細胞が生じると急性骨髄性白血病、リンパ節で生じると、急性リンパ性白血病といわれます。 白血球は、身体を守るいくつかの細胞をまとめた総称で、そのなかに「多核白血球」「リンパ球」「単球」などがあります。これが成熟する途中でエラー細胞つまり、白血病細胞になってしまうことが あります。急性白血病は、どの年齢でも発症しますが、未成年にも多くみられます。&

■原因 なぜ、細胞が成熟する(正しい白血球になること)途中で白血病細胞になるのか、原因としては、ウイルスや遺伝子変異が検討されています。 

■症状 骨髄などで白血病細胞が増殖を続けていると、赤血球やその他の細胞が減ってしまうため、次のような症状がでます。 貧血・動悸・倦怠感・発熱・鼻血・歯ぐきの出血・リンパ節の腫れなど。 また、一般のがんと同様に、白血病細胞が隣接する他の組織に転移することもあります。

■検査・診断 まず血液検査で、白血球に大幅な増減がないか確認します。また、腰の骨に注射をして、骨髄を採る骨髄穿刺(こつずいせんし)を行ないます。さらに、症状によって、レントゲンやエコー、CT検査などが行なわれ、病気の診断をします。

■治療 治療は、化学療法、つまり抗がん剤治療が中心となります。断続的に抗がん剤を投与しながら、白血病細胞の数を減らし、寛解を目指します。 また、ドナーから採取した造血幹細胞を移植して、骨髄で正常な白血球を造れるようにする療法もあります。ただ、患者さんとドナーの方の白血球の型が同じである必要があります。

3.慢性白血病

 次第に発症していくもので、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病がありますが、多くは慢性骨髄性白血病が占めています。

■原因 慢性白血病の多くが、白血病細胞のなかのフィアデルフィア染色体というものの異常によって引き起こされていることがわかっています。 慢性骨髄性白血病の多くは40~50代の男性に多く、慢性リンパ性白血病の患者さんは、ごくわずかです。

■症状 倦怠感、体重減少などがありますが、段々と進行するため、自覚症状がないケースもあります。

■検査・診断 健康診断で白血球数の大幅な増減が見つかり、そこから精密検査を行なうことがあります。それ以外では、遺伝子検査、急性白血病同様に骨髄穿刺、レントゲン、エコーなどが行なわれます。これらの検査の結果から「慢性白血病」と診断されます。&

■治療 慢性白血病では抗がん剤の一種である「分子標的薬」が有効です。白血病細胞に関わるタンパク質を狙い撃ちして、白血病細胞の増殖を止める働きがあります。その他は、従来通りの抗がん剤や、ドナーから採取した造血幹細胞の移植などの治療が行なわれます。

4.早期発見を

白血病の主な症状

白血病は進行すると死に至ることも少なくない病気です。身体の異常を感じたり、健康診断の結果で何か異常がみつかったら放置をせずに、さらに詳しく検査を受けてください。

資料提供:メディカルライフ教育出版