石川医院 ヘッダー画像

多汗症 ~汗にお悩みの方へ


季節関係なく、全身もしくは手のひらや足の裏などの汗の量が多いと密かに悩んでいる方はいらっしゃいますか?それはもしかしたら、治療が可能な「多汗症」の症状かもしれません。

●多汗症とは

汗は、身体の熱を冷やして体温調節をする役割をもっています。汗という水分が皮膚の上で気化するときに、熱が奪われる仕組みになっています。 汗が、運動の後や入浴の後、また高い気温の日などに大量にでるのは普通のことです。けれども。言季節や特別な活動を伴わず汗が多量にでる場合は多汗症の可能性があります。 汗がでるのは生理現象だし汗っかきなのだとあきらめて、自分が「多汗症」だと気づかないケースも少なくありません。そして、汗が気になって悩みを抱えてしまうことも少なくありません。もしかして自分も多汗症かもしれない……と思われた方は、次頁のチェックリストを見て、一度皮膚科を受診してみてください。

●全身性と局所性

前述のように、多汗症は過剰な汗がでるものですが、全身に汗をかく「全身性汗症」と、手の平やわきの下、足の裏といった一部分に汗をかく「局所性多汗症(きょくしょせいたかんしょう)」があります。それぞれの誘因としては次のようなものが挙げられます。
「全身性多汗症」
運動、発熱、更年期障害、パーキンソン病、薬剤の副作用、感染症など。
「局所性多汗症」
緊張による精神的なもの、神経疾患、皮膚疾患など、原因がわからないことが多い。多汗症は、実は原因がわからないケースが多くを占めています。原因がわかっている場合は、「続 発性多汗症」といいます。一方で原因がわからない場合は、「原発性多汗症」といいます。 甲状腺機能穴進症のような続発性多汗症の場合は、その病気の治療を行なうことで改善が期待できます。しかし、病気に心当たりがなく、チェックリストに複数該当している場合は、「原発性多汗症」の可能性があります。症状は交感神経が強く働くときに引き起こさ れることも多いため、自律神経失調症が関わっていることも考えられます。

●多汗症の治療

多汗症の治療法はいくつかあります。外用薬としては、一般的に塩化アルミニウムが処方されます。これを一日I回患部に塗布し、3週間ほど続けて様子をみます。また、多汗症の治療によく行なわれるのが、「イオントフォレーシス」というものです。イオントフォレーシスは、容器に入った水に手の平や足の裏を浸し、微弱な電流を流す治療法です。その際に生じた水のイオンが患部に作用して、汗がでないようにします。さらに、いわゆるボトックス注射(ボツリヌス毒素を用いた局所注射法)も有効とされていますが、保険の適用外になっています。

●多汗症の予防

続発性多汗症の予防は、まずは原因になっている疾患の治療を受けてください。それに伴って多汗症が改善されるか経過を見ていくことになります。原発性多汗症では、自律神経を整える生活を送ることがストレスを減らし、改善につながります。例えば、充分な睡眠をとること。毎日同じ時間に起床・就寝すること。緊張したり、ストレスを感じたら、何度か深呼吸することも効果的です。メリハリをつけて、意識的にリラックスするようにしてみてください。汗の悩みが解消されないときは皮膚科を受診しましょう。

多汗症 チェックリスト 図

資料提供:メディカルライフ教育出版