石川医院 ヘッダー画像

妊娠出産とお口のケア


妊娠するとむし歯が増える?

この点に関しては、妊娠がむし歯の直接の原因ではないことを知っておく必要があります。 ではなぜ、妊娠するとむし歯になるリスクが増えるのでしょうか? その一つは、歯磨き(ブラッシング)の問題です。妊娠初期においては、つわりによる吐き気をともなう胃や胸のむかつきが生じます。このため、歯ブラシを口のなかに入れることが苦痛になり、丁寧なブラッシングができないといったことが起こります。 同時に、人によっては空腹になるたびに吐き気が起こる「食べつわり」という現象も起こります。また、妊娠の影響で一回の食事量が減少すると、食事の回数でカバーすることになります。こうした 方は、食べ物を口にする回数が増えるため、むし歯菌の餌が常にお口のなかに存在する状態になりがちです。 その一方、お口を清潔に保つための唾液の分泌が、妊娠中は減少します。これらの理由から、妊娠中はむし歯になるリスクが増えます。

妊娠すると歯周病になりやすくなる。

妊娠中の歯周病もむし歯と同様妊娠によるお口の環境の変化が、歯周病の発症・悪化要因となっています。さらに妊娠中は、プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が増加します。歯周病を引き起こす細菌は、(女性ホルモンを餌とするため)女性ホルモンが増えると活動が活発になり歯肉炎が起きやすくなります。妊娠している女性の多くの方に歯茎の腫れや出血があり、これは「妊娠性歯肉炎」と呼ばれています。ちなみに、歯周病のうち、炎症が歯肉に留まっているものが歯肉炎です。炎症によって歯槽骨が溶ける段階まで進むと「歯周炎」となり、歯が抜け落ちる原因となります。

妊娠中のお口の健康を守るには~セルフケア

 妊娠中は、むし歯や歯周病のリスクが高くなっているにも関わらず、口腔ケアが難しい時期でもあります。ご自身でできる対策としては、まず、食べ物を摂取した後は歯を磨くのがベストです。しかし、体調の問題もあります。あまり神経質になって、歯磨きがストレスになるのも良くありません。歯磨きは、つわりが軽く、体調の良い時間にするようにしましょう。それ以外のときは、洗口剤を利用してまめにうがいをして、お口の衛生を守るようにしてください。歯ブラシは、毛先が柔らかく、ヘッドが小さめの物がお勧めです。歯磨き粉は使用しないか、匂いの少ないものを選びましょう。顔を下に向けて、歯ブラシの動きは小さくするこうした工夫が、歯磨きのときの負担を軽くしてくれます。

妊娠中のお口の健康を守るには~プロケア

 妊娠中の歯科治療は、妊娠の初期(4か月・15週まで)、中期(5~7か月・16~27週)、後期(8か月・28週以降)の3つの期間に分けて対応が変わります。 妊娠の初期では、診察と治療計画、口腔ケアの指導が中心となります。歯の痛みや腫れに対する治療は応急処置に留め、胎児や母体へのリスクを回避します。妊娠中期になると安定期に入るので、通常の歯科治療が可能です。妊娠後期は、仰向けの姿勢に苦痛を感じるケースもあるため、応急処置以外の治療は出産後になります。 治療に使用されるX線や局所麻酔薬、痛み止め・化膿止めといった治療薬―これらに不安を持たれる方もいらっしやいますが、治療時期や治療薬の使用については、歯科医師とご相談ください。

資料提供:メディカルライフ教育出版