石川医院 ヘッダー画像

腰や関節の痛みを和らげる


成人の約9割が、腰に何らかの問題があるといいます。慢性的な腰の痛み、張り、凝りなど・・・。皆さんも心当たりがあるでしょうか。また、関節のトラブルは、スポーツや加齢が原因で起こりやすいとされています。日常生活でも腰や関節の痛みを和らげる工夫をしてみましょう。

「腰の痛み」

図1のように腰痛の原因には様 ざまなものがあります。 骨折や打撲、ぎっくり腰など、 緊急性を感じたり、激しい痛みが 生じる場合は、整形外科や外科を 急いで受診される方は多いでしょう。 けれども多くの腰痛は、鈍い痛 みや張り、だるさなどです。たまに痛くなるけれど、その都 度、家にある湿布で様子をみている・・もう長らく腰が張ったり痛みがあるけれど、職業病だろう、年齢のせいだろうと我慢している・・ こうした方も少なくないのではないでしょうか。 もし痛みの程度が強くなかったとしても、我慢して放置すること はよくありません。腰の痛みを感 じるようになったら、まずは整形 外科などを受診して検査して原因 をつきとめましょう。腰痛の原因

「腰痛の原因」

腰は脊髄の通る大切な場所。脊 髄を囲む骨の一部が突きだしたり (脊柱管狭窄症)、背骨と背骨の間 の緩衝材の役目をする椎間板がで っぱる(腰椎椎間板ヘルニア)た めに神経を刺激して、痛みが起こ ることがあります。 最初は耐えられる痛みでも、次 第に足のしびれや冷え、長時間立 っていることができないなど、原 因を知っておかないと、それらの 症状を関連づけられないまま、今 まで通りの生活が送れない=生活 の質が低下していくことになりま す。これはとても不便なことです。 また、腫瘍や婦人科系の病気、 尿路結石などの内臓疾患の影響で 腰痛が生じている可能性もありま す。

「関節の仕組み」

人の身体には200本の骨があ ります。骨と骨は連結しています が、固定されている部分と、動く 部分があります。この動く連結部 分を「関節」といいます。

「関節痛の原因」

 関節の仕組み関節のなかでトラブルが起こり やすいのは、動かせる範囲が広い ところです。なかでも、肩関節、 股関節、膝関節が多く、病名は、 「五十肩(肩関節周囲炎)」「変形 性股関節症」「変形性膝関節症」 です。関節には、骨同士がこすれ る際の衝撃を和らげる重要な役割 を果たす軟骨があります。 けれどもこの軟骨が、長年の使 用によってすり減ってしまうと、 骨が変形して、動作の際に強い痛 みが引き起こされてしまうのです。 主な原因は加齢ですが、スポーツ や仕事などでこれらの関節を酷使 している人は、若いうちから症状 がでることもあります。 また、スポーツの激しい動きで、 関節の合わせがはずれる「脱臼」 も起こりやすい疾患のひとつです。 病気の症状として関節痛がでる ものとして、全身の関節に腫れと 痛みが起こる「関節リウマチ」や、 足の親指の関節に激痛が起こる 「痛風」があります。 関節の痛みを感じた場合は、早 めに受診をし、初期のうちに治療 やリハビリをすることが大切にな ります。

【腰痛を和らげる】

関節痛の原因・日常生活では、前かがみの姿勢、 後ろにそらす姿勢を避ける。 例:洗面所では、イスにすわっ て顔を洗う。床の上の荷物 は、一度しゃがんで、荷物を 垂直に持ち上げる。
・敷布団やベッドのマットレスは、 身体が沈みこまない硬めのもの を使う。
・一日のうち、時どき身体を動かして、姿勢が固まら ないようにする。

【関節痛を和らげる】

・痛みが楽になるようならば、入浴 で患部を温めると、血行をよくな るのでおすすめ。
・五十肩・・・安静にしすぎると、関 節が柔軟さを失ってしまう。医師 が判断した時期に、家でも肩回 りを動かす運動をすると、治りが 早まる。
・変形性股関節症・・・肥満の場合は、股関節に負担が かかるため、栄養指導を受けてダイエットする。/患 部を冷やさない。
・変形性膝関節症・・・肥満は膝関節にも負担をかけるた め、ダイエットを行なう。太ももの裏側の筋肉を鍛 えて、筋肉で膝をサポートする。/正座をしない。少 し高さがある座椅子を使うと立ち上がりが楽になる。 椅子生活はさらにおすすめ。
『変形性膝関節症のストレッチ』 片足を水平に伸ばし、 10秒ほどキープしたら 床に足をおろす。 反対側も同様に。 これを5セット行なう。

資料提供:メディカルライフ教育出版