医療法人社団慈邦会 院長 石川清一

内科・外科・小児科・消化器内科

〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2

石川医院  〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2 電話0465-72-1230 FAX0465-72-2607

再読込ボタンか、ブラウザの更新ボタンをクリックして最新の情報をご覧ください。

お問合せはこちら

0465(72)1230

0465(72)2607

こちらをクリック

問合せフォーム

2017年5月号


若年性認知症~チェックしたい10の症状

若年性認知症の症状は、物忘れがひどい、記憶力が極端に低下するなど、認知症とほとんど同じ。それでも年齢が若いせいもあって、自身の状態を受け入れることがなかなか出来ません。基本的には、18歳から64歳という年齢の間で発症する認知症を総じて、若年性認知症と呼んでいます。

若年性認知症とは?

若年性認知症には、記憶や思考行動に障害が起こるアルツファイマー型と、幻視や手の震え、動作速度の低下を訴えるレビー小体型があります。他にもいくつかの型がありますが、若年性認知症の6~8割を占めるのが、アルツファイマー型です。アルツファイマーの発症は、高齢化に伴って起こることが多いのですが、若くして発症することもあります。このため若年性認知症同様64歳以下で発症するアルツファイマーを若年性アルツファイマーと呼びます。今回は、アルツファイマー型の若年性認知症(若年性アルツファイマー)を中心にご紹介します。
まずは、若年性アルツファアイマーが疑われる10の症状を読んでみてください。 また、若年性アルツファイマーの直接の原因としては「アミロイドβ」と呼ばれるタンパク質の蓄積が指摘されています。この点から、若年性アルツファイマーを予防する方法も、合わせてご紹介します。

若年性アルツファイマーが疑われる10の症状

以下に、若年性アルツファイマーが疑われる10の症状を上げてみました。思い当たることはありませんか?

①極端な記憶力の低下が見られる。

②どこかに置き忘れたものを探せない。

③話したり書いたりしていて言葉に詰まる。

④今日の日付、今いる場所がわからなくなる。

⑤慣れているはずの作業をやリ通すことが難しくなる。

⑥誤った決断を下すなど、判断力が低下する。

⑦計画を立てて行動したり、数字の処理が困難になる。

⑧距離感などの空間的関係を理解できなくなる。

⑨仕事や人との係わり合いを絶ってしまう。

⑩気分の変化、人格が変わる。

若年性アルツファイマーは予防できる?

いまだよく分かっていない部分の多いアルツファイマーですが、近年のさまざまな研により、効果的な予防方法も報告されています。 例えば適度な運動には、アルツファイマーの原因となる異常なタンパク質「アミロイドβ」の蓄積を防ぐ効果が期待できるという報告があります。 例えば軽めのジョギングやウォーキングなどの有酸素運動か効果的とされており、1日30分、週に3~4回程度を習慣的に行なうことで、予防効果が期待できます。また、カレーのスパイス(ターメリック)に含まれるクルクミンには、脳を活性化する効果があるとされます。さらに、睡眠不足は「アミロイドβ」の蓄積を促すのでしっかり眠ることは重要です。夜ふかしをせず、早寝早起きの規則正しい生活を送るようにしましょう。ま た、睡眠の質の向上のためには、食事はできるだけ就寝の2時間前までに終わらせ、精神安定の妨げになる就寝前のパソコンやスマホは控えます。喫煙や過度な飲酒もアルツファイマーの原因となります。控える努力をしましょう。就寝前は、入浴やストレッチなどでくつろいだ気分になることが大切です。こうした努力で若年性認知症を遠ざけることができます。

Contents

診療時間

【日曜日】
午前8:30~12:00
【 火・水・金・土曜日】
午前8:30~12:00
午後3:00~5:45
【木曜日】
午前9:00~12:00
午後3:00~5:45
【休診日】
月曜日・祭日・日曜日の午後
※診療カレンダー参照。

駐車場のご案内

石川医院 駐車場

更新履歴

2017/11/16
前院長便り9月・10月号、他更新しました。

石川医院

〒250-0117 
神奈川県南足柄市塚原710-2