医療法人社団慈邦会 院長 石川清一

内科・外科・小児科・消化器内科

〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2

石川医院  〒250-0117 神奈川県南足柄市塚原710-2 電話0465-72-1230 FAX0465-72-2607

再読込ボタンか、ブラウザの更新ボタンをクリックして最新の情報をご覧ください。

お問合せはこちら

0465(72)1230

0465(72)2607

こちらをクリック

問合せフォーム

2016年11月号


睡眼璋害を克服するために

24時間型の生活習慣による生活リズム(体内時計)の乱れやストレスに満ちた社会を反映して最近、不眠に悩まされる人が増えています。原因を突き止め、それぞれのタイプにあった解決策を見つけましよう。

睡眠障害の症状とは

「最近どうにも寝れない・・・。寝つけないんだ」「夜中に何度も目が覚めてしまって・・・・」といったことを訴える、いわゆる睡眠障害の人が増えています。そのおもな不眠の症状は、
①入眠障害・・・・寝つきが悪い。床に人つでから30分以上眠れない。
②早期覚醒・・・・朝早く目が覚めてしまう。
③中途覚醒・・・・睡眠途中で目が覚めてしまい、なかなか寝つけない。
④熟睡感・熟眠感欠如・・・・朝まで寝ているのに、ぐっすり眠った気がしない。
....などがあります。 症状はいくつかが組み合わさって起こる場合もあります。

睡眠障害の原因と対策

睡眠障害になる原因は人によってさまざまですから、対処法も違ってきます。生活習慣を見直すだけで改善される場合や、医療機関での治療が必要な場合もあります。では、具体的にどんな睡眠障害にどのような対処法があるのかを原因別に見てみましょう。
①ストレスなど心理的原因・・・・何らかの大きなストレスによる不眠。→いつ頃から不眠になったか、思い当たることを考えてみましょう。
②病気など身体的原因・・・・さまざまな病気や睡眠時無呼吸症候群などの病気、その症状によって起こる不眠。→医療機関で病気そのものや症状を治すことで改善します。
③環境の変化による生理学的原因・・・・不慣れな環境が睡眠の邪魔をする場合。→海外出張・海外旅行の時差ボケ、昼夜逆転勤務、昼夜交替勤務、入院その他が考えられます。
④うつ病など精神疾患が原因・・・・神経症・分裂病・うつ病などでも睡眠障害が見られます。→専門医の治療を受け、病気を治します。
⑤薬物的原因・・・・アルコールーカフェイン・ニコチンの習慣的な摂取によっても起こるため、それらを遠ざけます。

睡眠障害の治療

現代型不眠の計の乱れを整えるためには、日々の生活習慣や睡眠環境の改善を試みることが大切です。就寝前には照明を落とし起床時にはカーテンを開け光のコントロールを考え、ベッドに入るときには精神的にリラックスできるような工夫をしてみましょう。また、散歩やジョギングなど軽く汗ばむ程度の適度な運動で睡眠障害が改善されることも少なくありません。運動習慣のある人は不眠になりにくいと言われます。適度な運動を、毎日規則的に行なうよう心がけましょう。寝具も安眠には重要なポイント。柔らかく軽い掛け布団と適度な堅さの敷き布団、程よい高さの枕を選びましょう。よく眠れないことを一人で悩み、睡眠を意識し過ぎて、かえって不安やイライラで眠れなくなってしまうことも多くあります。夜、しっかり眠れない、朝になっても疲れ“が取れず眠いと感じたら、早めに医療機関を訪れ医師に相談することをおすすめします。最近はさまざまな生活パターンに合う、いろいろなよい薬が開発されています。また、先述のように睡眠障害にはさまざまな原因かおりますから、当然治療法も原因によってさまざまです。そこで、まず睡眠障害の原因が何かを知ることからはじめることが大切です。そうした意味からも、やはりまずはかかりつけ医に相談して、ベストな治療法・改善策を見つけましょう。必要と思われれば専門医を紹介してくれます。
★どうして夜になると眠くなるの?
①恒常性維持機構による=一日働いて、疲れて眠くなる
②体内時計機構による=メラトニンというホルモンの作用による
★「寝酒」は睡眠障害に効果があるの?
「眠れないから『寝酒』をちょっと一杯」とは男女問わず、お酒好きな人がよく言います。しかしお酒は睡眠をコントロールする脳細胞の働きを悪くする作用があるため、飲酒直後には眠くなっても浅い眠りの時開か増え、良質な睡眠が得られなくなります。また、利尿作用もあるため夜中に目覚める原因となります。初めは効くように感じても、徐々に効かなくなって量が増えてしまい、中途覚醒や、睡眠時無呼吸などが悪化する恐れがあります。
★むずむず脚症候群とは?
「むずむず脚症候群」は、布団に入り眠リかけたころにふくらはぎや太ももなどに虫がはっているような不快感やかゆみで眠りが妨げられる高齢者に多く見られる病気です。下肢をもぞもぞこすリ合わせたりすることでいったん収まりますが、寝ようとするとまた不快感やかゆみが現われます。慢性腎不全や鉄欠乏性質貧血などの病気がある人に起こりやすいと言われます。ひどいようならかかりつけ医に相談することをおすすめします。

Contents

診療時間

【日曜日】
午前8:30~12:00
【 火・水・金・土曜日】
午前8:30~12:00
午後3:00~5:45
【木曜日】
午前9:00~12:00
午後3:00~5:45
【休診日】
月曜日・祭日・日曜日の午後
※診療カレンダー参照。

駐車場のご案内

石川医院 駐車場

更新履歴

2017/10/11
10月の休診カレンダー一部変更、、他更新しました。 インフルエンザ予防接種はじめました。
2017/09/29
10月のホームドクターアドバイス話題、他更新しました。
2017/09/14
10月の休診カレンダー、一部変更しました。

石川医院

〒250-0117 
神奈川県南足柄市塚原710-2